LED電球

退職に合わせて我が家のリフォームをしてから、

今年で5年になろうとしている。

老後を考えたバリアフリーとエコのために照明を全部新しくした。
エコのために、LED照明にするはずだったのだが、部屋にマッチした照明が欲しいという奥さんと娘の強いこだわりで、新しく取り付けたダウンライト以外の、リビング、ダイニングのカウンタ、玄関、洗面所、トイレの照明が全てクリア電球になった。

おいおい、エコはどこに行ったんだよ。
他の場所はともかく、リビングは一日少なくとも4時間、一年で1440時間は点灯させている。
蛍光灯なら40W+32W程度なのだが、今のシャンデリア型照明だと60W×4の240Wになり、電気代は約三倍ということになる。
5000円近い出費増だ。

それはいいのだが(良くない!)、問題なのは電球のフィラメントの寿命だ。
公式には1000時間程度らしく、半年は使えても良さそうなものだが、入切を頻繁に行うと3ヵ月程度の寿命らしい。
実際に使ってみると、まあそんなものかな。
でも、4灯が次々に切れていくわけだから、1ヵ月ごとに交換しているような気持になる。
しかもその作業は自分の仕事だ。

LED電球に交換したかったが、当時のLED電球はインテリアデザインに合っているとは、お世辞にも言えなかった。
唯一パナソニックがクリア電球のようなLED電球を売り出していたが、4000円近い価格で、4灯となると・・・。
フィラメントのクリア電球って、150円程度なんだぜ。
仕方なく諦めていた。

二年前に、見た目がノスタルジックでカーボン電球のような、LEDを使ったクリア電球がネットで売り出されているのを知った。
インテリアには持って来いじゃないか!
しかもプラスチックじゃなく、ガラス電球そのものだ。
ちょっと不安はあったが、AMAZONが扱っているし、1球が500円程度だから、まあいいかと購入。
ついでにダイニングカウンタ用のセミハロゲンランプLEDも購入した。
届いてみると、透明ガラスの電球のフィラメント部分が数本の黄色い棒状のLEDになっている。
フィラメントLEDと言うらしい。

LED電球と言えばプラスチックというイメージだが、ガラスのクリアさの高級感が半端無い。
取り付けてみた。
クリア電球と比べると、セードの透明感が、結構デカい黄色いフィラメントが透けて見えて半減する。
惜しいね。

画像


点灯すると電球色で、明るさにも問題無い。
ただ、ランプを見上げると、黄色く光っているという感じ。

画像


これがフィラメントだと、ギラギラと白く見える。
セードの透明感も、やはり今一だね。
まあ、見上げなければ問題ない。

昼間に目に入った時、黄色が目立つだけだ。
でも、これで当分は球交換は無いぞと思っていたら、三か月程度でその内一個が点灯しなくなった。
やはり、〇〇製だからか?
まあ、外したクリア電球があるしね。
初期故障で文句を言ってもいいのだろうが、面倒だったのでそのままにして、クリア電球に交換した。
すると、そこだけに高級感が溢れるのよね。

そのクリア電球も何回か交換すると予備が無くなった。
さあどうしよう。
LEDランプも他の三個には全く問題が出ない。
購入しても問題ないだろうと探したが、すでに販売は終わっている。
〇〇製はこれが怖いのよね。

調べてみると、別の会社にも同様の製品が有ったので、そちらで購入した。
電球色2700Kでは少々黄色かったので3000Kにして、全球交換することにした。
これで多少は白っぽく光るんじゃないか?

届いた箱を見てびっくり。
必要最小限以下の口金サイズだけ印刷された段ボール箱に入っている。
前のは少なくとも日本を意識した化粧箱だった。

画像


不安がよぎったが、取り付けてみてもセードの中の黄色があまり目立たない。

画像


点灯しても、黄色が目立たない。
写真を撮っておこうとカメラを向けると、画面に縞模様が出た。
前のはそんなことは無かった。
ほう、交流で点灯しているってことか。
前のは調光非対応だったが、今度のは調光器対応なので、そんな形で対策を取ってあるのかなあ。
蛍光灯のようにチラチラするわけじゃないので良しとしよう。

画像


やれやれ、良い方向に向かったようだ。
後は寿命だね。

実はこのタイプのLED電球、最近ホームセンターで日本の商社が売り始めている。
ただし価格は倍になる---ただし保証は万全。(だろう---笑)

取り外したLED電球を他のクリア電球と入れ替えて、我が家の照明のエコ対策は一旦終了。
ただ、2700Kから3000Kにしても、思ったより電球色だったので、奥さんはおかんむり。
4000K位にしておけば良かったのかも。
3000Kだと白く光るとネットにあったんだけどね。
取り替えるには、早く壊れてくれるといいんだが・・・本末転倒だね。

点灯しなくなったLED電球を見ていると、直してやりたいという気持ちが湧いてくる。
50年以上も電気工作をやってきているからね。
今、ガラスと口金を外す努力をしているので、これについては又の機会に。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック