3000mmのコンパクトデジカメ?

Coolpix P900を購入するときに、

気になったのが、発売されてすでに3年、本来なら新製品が出てもいいのに、3年経っても出ていなかったことだ。
ずいぶん前に、何やら新製品が出るとか噂はあったが、3年も経ってるんだぜ。
P900の評判自体が良すぎて出せないという噂もあった。
多分、国外での話だろうけど。

もしかしたらP900の後継機は作らないんじゃないか?それなら買うなら今と、背中を押されてP900を購入したのが二ヶ月前。

やはり新製品の開発はしていたんだね。
海外ではあるが、9月に後継機のCoolpix P1000が、24-3000mmの125倍ズームを引っ提げて登場するらしい。

望遠に関しては、今の83倍ズームでも十分満足しているので、悔しくは無いのだが、SP-570UZ君がもっと長生きしてくれていたら、こちらを買ったかもね。
いや、買わざるを得なかったかもね。

スペックを見てみると、2000mmが3000mmの1.5倍になるのだが、大きさも、重量も、ほぼ1.5倍だ。
それなら誰でも作れるんじゃない?的な。(笑)

Coolpixと言えばコンパクトデジタルカメラだが、安い以外でコンパクトとは、もう言えなくなった。
最も、P900の時点でもそうだが。

P900の重量が約900g、これがP1000だと1400gになるのは、スナップ撮影目的が多い自分には重荷だ。
450gのSP-570UZの時は片手で操作したが、それでも重く感じていたのに。
1kgを越えると、さすがにコンパクトとは言えないだろう。

自分が購入した後の6月辺りから、P900の価格がどんどん下がり始めている。
何か情報が有ったんだろうね。
P1000発表直後には、最安値が45000円まで一瞬下がった。
国内での販売が無いようなので、持ち直したのだろう。

もしP900の購入の決定が一ヶ月遅れていると、どこかで新製品の匂いがして、ちょっと立ち止まったかも。
新製品情報を知った今なら、やはりP900を買う。
しかも当時より、5000円以上安く買える。

P1000の国内販売までには、45000円位まで下がりそうな予感。(笑)
お月様を写したい人には朗報かも。
最も、三脚のしっかりしたのが必須。
手持ちは無理。(当たり前か)

この取り回しの悪さ、スナップ写真撮影にも付いて回る。
結局、カメラ二台持った方が効率がいい。
それって、一眼レフのレンズ交換と大して変わらないね。

自分の思いとは、ちょっとずれてきた。

でも、こんなカメラを挑戦的に開発してくれるのは有難い。
それでこそ、日本企業だね。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック